ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< わがフリーター人生 | main | ジョニーハザード >>
2012.01.24 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.07.06 Wednesday

河内十人斬り

 町田康著『告白』を遂に読みきった。このお話しは実際昔にあった話を元に作られているのだが、そこは師匠の手腕でものの見事に大作に仕上がっていた。

 なぜかと言うと、河内で十人を惨殺した熊太郎と弥五郎は逮捕されずに自害してしまったので本当のところの動機その他が曖昧になってしまっているのを町田氏が推察・推量して物語をきちんとまとめ上げているのです。

 幼少期から青年期は町田節炸裂のふくみ笑い連発。本でこれだけわらかしてくれるのはそうそうないです。真面目な人がドツボにはまる様をうまく表現されている。

 最後の中年期はやばいです。総ページ約600ちょいある長編なだけに殺しを決意する過程や決行するシーンは読み応え十分。惨殺決行日のとこでドキドキしてしまい一服吐けてから読んだほどです。

 読み終わってからもボーとしてしまい今まだ水分村にいるような気分です。これは間違いなく町田氏の歴史に残る一冊である。
 
2012.01.24 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR