ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スターウォーズ シスの復讐 | main | 河内十人斬り >>
2012.01.24 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.07.01 Friday

わがフリーター人生

 仕事帰りに自転車乗ってて前輪に傘を巻き込んで前転しそうなのをこらえて足を捻ったどなるどです。こんな馬鹿なことをするのは全部フリーターの所為なんだ・・・

 というわけで今回は本のご紹介です。前述部は小生の実話ナンですけどね。唐突ですがみなさんは、電車乗ってるとき何してますか?小生は本を読みます。というか本がなきゃ乗りません。

 あの目的地へ着くまでの時間を何もせずボーっとしてるのが耐えられないのです。なわけで電車乗る時は本を持っていきます。じゃあ忘れた時は乗る前に買います。

 電車乗車時に読む本はエッセイや短編なんかがいいですね。長編小説なんかだといいところで下車しなきゃいけないなんてザラにあるもんです。



 往々にして家から本を持っていくの忘れて本屋で面白そうなの探してたらふとタイトルに目が止まった 日暮学著 『38歳、男性、独身 わがフリーター人生、セキララ赤面日記』 そして帯にはすべて実話です。ぬおそそられるタイトルだとバイガイ。

 小生のフリーター人生に脱却の弾みをつけてくれる内容だろうと思いまして買ってみた。期待通りかと言えばNO。かと言ってフリーターがいいのかと言えばNO。ラーメンを一週間食べ続けた話しとか貧乏暮らしの知恵本に近いような感じですかね。

 ただそれだけではなくてフリーターで困ること等も少々でていてこっち側をもうちょい掘り下げて欲しかったなぁ。もっともっと書くこと訴えたいことがあるけど編集部がそんなん書いても売れないよなんか言ったんだろうか。。。この作者の続編に期待Age。
2012.01.24 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
そうそう。次作にご期待を。書いたものが100%採用されないのがこの世界。もちろんみなさん、ご存知ですよね。日暮さんも伝えたかった部分を「ちょん切られ」て「切り貼り」されてしまったのだと思いますよ。ほかの作者さんでも言えるけど、氷山のたった一角を見て判断するのは早すぎ!で〜す。この作者の次作に期待しましょう。結構、次作は純小説なんかを出したりしてね・・・
  • 出版関係者
  • 2005.11.07 Monday 01:05
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR